一条真也
PROFILE
 作家・経営者・平成心学塾塾長・大学客員教授。
1963年福岡県北九州市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手広告代理店勤務を経て、1990年に大手冠婚葬祭会社(株)サンレー入社と同時に取締役未来開発室長に就任。また、(株)ハートピア計画代表として、各種マーケティングおよびプランニングを数多く手がける。94年にサンレー常務取締役、95年には専務取締役、01年代表取締役社長に就任、現在に至る。
 88年に処女作『ハートフルに遊ぶ』を出版。ベストセラーとなり、「ハートフル」は流行語となった。その後、『遊びの神話』『ゆとり発見』『リゾートの思想』『リゾートの博物誌』『ロマンティック・デス』『魂をデザインする』『ハートビジネス宣言』などを世に問う。  21世紀の葬祭文化を構想し、やはりベストセラーとなった『ロマンティック・デス』の中で初めて提案したムーン・ハートピア(月面墓地)計画は大きな反響を呼び、海外を含めて数多くのメディアで紹介された。その他、世界初の複合高齢者施設「サンレーグランドホテル」や、古代ギリシャおよび古代ローマの結婚式を再現する結婚式場「ヴィラ・ルーチェ」をオープンさせるなど、哲学・芸術・宗教をベースとした発想で高い評価を受けている。
 2003年12月、実に10年ぶりの著書『結魂論~なぜ人は結婚するのか』『老福論~人は老いるほど豊かになる』を2冊同時に刊行し、話題を呼んだ。また、2005年11月11日に逝去した世界最高の経営学者ピーター・ドラッカーの遺作『ネクスト・ソサエティ』へのアンサーブック『ハートフル・ソサエティ』を同年9月に刊行し、各方面から高い評価を得る。世界初の「ドラッカー学会」の設立推進メンバーも務めた。その後、『ハートフル・マネジメント(孔子とドラッカー)』、『ハートフル・リーダーシップ(龍馬とカエサル)』『ハートフル・カンパニー』を上梓し、一連の「平成心学」シリーズを発表。
 現在はサンレーの代表取締役社長として、全国のグループ拠点を忙しく飛び回るかたわら、世界でもっとも高齢化が進む北九州市、および、もっとも高齢者の人気が高い沖縄県を「高齢者福祉特区」とし、人が老いるほど豊かになる「老福都市」とするプランを提案し続けている。そのため、各地の老人会を回り、「人は老いるほど豊かになる」と題する講演活動をボランティアで行っている。「朝日新聞」をはじめ、多くの新聞・雑誌でエッセイ・コラムを連載中。国内外の大学で特別講義も行う。2012年2月、孔子および『論語』の精神の普及に貢献した人物に贈られる、第2回「孔子文化賞」を受賞した。2014年6月、全国冠婚葬祭互助会連盟の会長に就任。同年、九州国際大学客員教授に就任。
 本名は、佐久間庸和(さくまつねかず)。歌詠みの雅号は、庸軒(ようけん)。また、Shin(シン)のニックネームで、日本を代表する宗教哲学者の鎌田東二(トニー)氏と満月の夜ごとに「ムーンサルトレター」を交わしている。

PERSONAL DATA
(誕生日) 5月10日  (星座)牡牛座 
(血液型) AB型 
(尊敬する人物) 四大聖人(ブッダ・孔子・ソクラテス・イエス)
         王陽明、石田梅岩、吉田松陰、渋澤栄一
         ピーター・ドラッカー、マザー・テレサ 
(座右の銘) 禍転じて福となす
(好きな言葉) If you can dream it, you can do it. 〈by Walt Disney〉
(趣味) 読書・映画鑑賞・水泳・ガーデニング
(愛読書)『論語』『星の王子さま』
(好きな映画ジャンル) SF・ホラー
(好きな音楽) サザンオールスターズ 
(好きな食べ物) 豆、野菜、海藻、ガリガリ君  
(好きな飲み物) シャンパン 、レモンチューハイ、ハイボール
(好きなタレント) 香川照之、市川染五郎、松たか子、
          トム・クルーズ、ニコール・キッドマン
(好きなスポーツ) 総合格闘技