第125回
一条真也
『人生はあなたに絶望していない』永田勝太郎著(致知出版社)
 「V・E・フランクル博士から学んだこと」というサブタイトルがついています。
 著者は昭和23年千葉県生まれの医師です。慶應義塾大学経済学部中退後、福島県立医科大学卒業。千葉大学、北九州市立小倉病院、東邦大学、浜松医科大学付属病院心療内科科長、日本薬科大学統合医療教育センター所長を歴任。公益財団法人国際全人医療研究所代表幹事。慢性疼痛などの全人的医療を研究。平成18年には、ヴィクトール・フランクル大賞を受賞しています。
 フランクルとは、世界的名著として知られる『夜と霧』の著者であり、ナチスの強制収容所を生き抜いた精神科医です。著者はそのフランクル博士の薫陶を受け、心療内科医として自らの医療活動に役立ててきました。
 心療内科といえば、わたしの父は、かつて財団法人・日本心身医学協会の会長を務めていました。同協会の理事長だったのが、九州大学名誉教授で「日本の心身医学の父」と呼ばれた故・池見酉次郎先生でした。池見先生とタッグを組んだ父は、心療内科の普及に努めました。その池見先生こそは著者のもう一人の師です。その関係で、わたしは学生時代に著者にお会いしたことがあります。
 本書の表紙には、フランクル博士の顔写真とともに、彼の「人間、誰しもアウシュビッツ(苦悩)を持っている。しかし、あなたが人生に絶望しても、人生はあなたに絶望していない。あなたを待っている誰かや何かある限り、あなたは生き延びることができるし、自己実現できる」という言葉が紹介され、「柳澤桂子さん推薦!」として、「一人の医師が、血の滲む苦しみの末、多くの患者のために難病から立ち直る感動の書」と書かれています。
 著者は、50歳を迎えようとしていた頃に、病に倒れました。主治医にも見放されました。寝たきりになり、死に直面したとき、著者には絶望という言葉しかありませんでした。
 著者が生き延びるためには、フランクルが説いた「自己超越」せざるを得ませんでした。「一介の医師でしかない私にそんな力は備わっていない」とも思ったそうですが、「そうした力がなければ、私は死んでいただろう。私にその力を与えてくれたのが、フランクル博士の残した言葉であった」といいます。
 精神の病は、フロイト流の「快楽への意志」やアドラー流の「権力への意志」といった根拠でのみ論じることはできなくなりました。フランクルによれば、精神の病の主要原因は、もはや「意味への意志」であり、人間の生きる意味の探究であるといいます。
 最後に、フランクルに質問をしたガン患者のエピソードには感動します。まさに、「人生はあなたに絶望してない」と思いました。