12
一条真也
『星の王子さま』
 「こころの世界遺産」の最後にご紹介するのは、サン=テグジュペリの童話『星の王子さま』である。
 わたしは、かつて『世界をつくった八大聖人~人類の教師たちのメッセージ』(PHP新書)という本を書いた。同書で、わたしは、ブッダ、孔子、老子、ソクラテス、モーセ、イエス、ムハンマド、聖徳太子といった偉大な聖人たちを「人類の教師たち」と名づけた。
 彼らの生涯や教えを紹介するとともに、8人の共通思想のようなものを示した。その最大のものは「水を大切にすること」、次が「思いやりを大切にすること」である。
 「思いやり」というのは、他者に心をかけること、つまり、キリスト教の「隣人愛」であり、仏教の「慈悲」であり、儒教の「仁」だ。そして、「花には水を、妻には愛を」というコピーが昔あったが、水と愛の本質は同じであると述べた。
 そんな本を書き上げた後、ふと、サン=テグジュペリの『星の王子さま』が読みたくなった。じつに30年ぶりに読み返したが、大変驚いた。なぜなら、「水は、心にもいいのかもしれないね」という王子さまの言葉が、いきなり目に飛び込んだからである。
 本書は、8人の人類の教師たちの教えを凝縮したような、ものすごい本だった。『聖書』や『資本論』に次いで人類に広く読まれている大ベストセラーでもある。
 全体に流れるメインテーマは「本当に大切なものは目には見えない」だ。わたしは、いま、これをサービス業に携わる者の心得として、いつも、冠婚葬祭業を営むわが社の社員に話している。
 自分たちの仕事が、「思いやり」「感謝」「感動」「癒し」といった目に見えない大切なものをお客様にお届けする最高に素敵な仕事なのだと心から思っているからだ。