第16回
一条真也
「幸福になる法則とは」
 最近、『法則の法則』(三五館)という本を上梓しました。ここ数年、「法則」についての本が大ブームになっています。世界的ベストセラーとなった『ザ・シークレット』などには、「引き寄せの法則」というものが紹介されています。これは他の言葉でいうと、「思考は現実化する」ということです。  ただ、「法則」本ブームには気になることがあります。それは、どうも「成功したい」とか「お金持ちになりたい」とか「異性にモテたい」といったような露骨な欲望をかなえる法則が流行していることです。  いくら欲望を追求しても、人間は絶対に幸福にはなれません。なぜなら、欲望とは今の状態に満足していない「現状否定」であり、この宇宙を呪うことに他ならないからです。  ならば、どうすれば良いのか。「現状肯定」して、さらには「感謝」の心を持つことです。そうすれば、心は落ち着きます。コップに半分入っている水を見て、「もう半分しかない」と思うのではなく、「まだ半分ある」と思うのです。さらには、そもそも水が与えられたこと自体に感謝するのです。  それでは、何に感謝すればよいか。それは、自分をこの世に生んでくれた両親に感謝することが最初のスタートでしょう。親に感謝すれば幸福になる!意外にも超シンプルなところに、「幸福になる法則」は隠れていたのですね。