25
一条真也
「花見をするなら、死を想え!」
 日本各地で桜が咲きはじめ、花見のシーズンがやってきた。日本人は「限りある生命」のシンボルである桜を愛してきた。 日本人がいかに桜好きかは、毎年のように桜に関する歌が発表されて、それが必ずヒットすることからもよくわかる。
 平安時代より以前は、日本で単に「花」といえば、梅を指した。平安以後は桜である。最初は「貴族の花」また「都市の花」であった桜だが、武士が台頭し、地方農民が生産力を拡大させるにしたがって、次第に「庶民の花」としての性格を帯びてくる。よく「花は桜木、人は武士」などといわれるが、これは江戸中期の歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」に用いられて以降、流行語となった。
 国学者の本居宣長は桜を日本人の「こころ」そのものとしてとらえ、「敷島の大和心を人とはば朝日に匂ふ山桜花」という和歌を詠んだ。桜を見て、「ああ美しいなあ」と感嘆の声を上げること、難しい理屈抜きで桜の美しさに感動すること、これが本当の日本精神だというのである。
 日本人は、月と花に大きな関心を寄せてきた。月も花も、その変化がはっきりと眼に見える「かたち」であらわれることから、自然の中でも、時間の流れを強く感じさせる。
 特に日本においては桜が「生」のシンボルとされた。桜ほど見事に咲いて、見事に散る花はないからだ。そこに日本独自の美意識も生まれた。
 月と桜を誰よりも愛した日本人こそ、「歌聖」と呼ばれた西行である。彼が詠んだ歌の中でも、「願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ」は特に有名だ。西行は、この歌に詠んだとおりの状況で入寂したという伝説が残っている。
 結局、月も桜も、その美しさ、はかなさは限りなく「死」を連想させるのである。月は欠けるから美しく、桜は散るから美しく、そして人は死ぬから美しいのかもしれない。
 散りゆく桜の花びらを眺めていると、死が怖くなくなっている自分に気づく。花見をするなら、死を想え!